ア ル フ ェ テ 工 作 室 と も の が た り




形の無いおもちゃ
形の無いおもちゃ

アルフェテ工作室のものがたり

形の無いおもちゃ

 


アルフェテ工作室の始まりはワークショップではありませんでした。

いつか1人であそべないおもちゃをつくりたいと思っていたんです。
あるとき。それは、形がなくてもいいのだと思ったんです。

形のあるおもちゃは、世の中に山ほどあるし。それに、いつか飽きてしまいます。(長年愛されるものもありますね。) ワークショップならいつも姿形を変えてあそべるなぁというのが動き出した始まりです。

完成品をつくることにこだわらない『実験』のようなものづくりができたらいいなぁと思いました。
そうやって、ワークショップを開催し始めると。ものづくりが好きな人や、この実験という価値観に惹かれたなかまが少しずつ増えて行きました。

集まるのは、ほとんどものづくりの畑とは違うなかまたち。そんな集まりだからこそできることをやろうと考えていました。
ものづくりが得意な人はもちろんのこと。好きだけど。上手くできないのが恥ずかしいとか。みんなと同じペースでできないとか。

そんな人の気持ちがわかるスタッフがいいなぁと思っています。
例えば、ワークショップのメニューは、そのスタッフ内で試しにやってみたりします。

すると。上手くいかないことたくさんわかります。もちろん楽しいことも。
そして、可能性をどうすれば広げていけばいいのか?いつも考えています。

画材や道具。進行の仕方などを考え直していきます。
そうやって、私たちなりのおもちゃをつくります。

私たちのつくるおもちゃは、参加してくださるみなさんに合わせて変化していきます。
年齢も性別も分けません。

こどもたちがいることで広がる世界と。
大人が広げることができる世界。

いっしょにつくるのは、楽しいし。ユーモアをたくさん見つけることができます。
ものづくりの時間の中で、完成品を上手につくることから自由になって、物事を見る目を養えたらいいなぁと思います。それは、自分を活かしてくれる時間になるのと信じています。

色の名前をたくさん知っていることもスバラシイです。
けれど。文字情報だけでは無くて、自分の目で見た色は、鮮明に美しく記憶に残っていくと思います。
そんな目を持っていれば、見逃してしまいそうなうつくしい時間にたくさん出会っていけるのかもしれないと思っています。
けれど。難しく考えると固まってしまいます。

私たちの言葉で表現するなら
ワークショップ=『形の無いおもちゃ』と考えてもらえたら嬉しいなぁと思います。

みんなでおもちゃであそびたいのです。

いっしょにそんな活動を協動してくれるなかまを募集しています。

詳しくは、以下へ
http://arfete.com/?cat=35

つくると見るを繋げること
つくると見るを繋げること

こどもたちに質問するとき。できるだけ答えを用意したく無いなぁと思っています。
ついつい。自分たちの答えへ導きそうになったりしませんか?
 
こどもたちは、たくさんのハテナ?を見つける天才。
どうして?どうして?の質問が続くと、お母さんたちきっと大変ですよね。
 
質問を続けてされると答えなきゃいけない気になってくるから不思議です。
でも、こどもたちにどう思うのか?聞いて見るのもいいのかなと思うんです。
 
わからないとき。こどもたちは、旅に出ます。
 
例えば、魔女のものづかい学校では、何かに似ているようで、はっきりとはわからないものを描いて見たりします。
それが何に見えるのか?みんなで考えてみるんです。
 
形が曖昧だと。色が手掛かりをくれたりします。
 
それから、スケッチブックをくるくると回して見るのってオモシロイのです。
 
それだけで物事を色々な方向から見る練習にもなります。
 
向かい合っていると、おともだちの作品は反対から見た絵です。
 
反対側からしか見えてこない発見を誰かと見つけることができます。
 
そうやって、一つでない答えをたくさん見つけます。それは、とても軽やかで自由な時間です。
魔女のものづかい学校は、『つくる』と『見る』を繋げる場所です。

本気であそぶこと
本気であそぶこと

 
大人なって本気であそぶ機会がどれだけあるだろうか?と思います。
 
本気というのがもうわからない。と思ってしまうくらいこどもたちは、夢中であそんでくれます。
 
この時の爆発力というのは、もう本当にすごいです。
あんなに小さなこどもたちが、とっても大きな存在に見えるんです。
 
大人になると。枠の中に収めるのが得意になりますよね。その分、はみ出すのが苦手。
 
プリンターがあるのだから。キレイに塗られたものは、いつでも見ることができます。
 
知っていると思い込んでいる色も。別の姿をしているということをこどもたちは、あっけなく見つけてしまうのです。
 
本気であそぶことは、自分の中のエネルギーを外に出すこと。
 
スポーツや歌を歌うことだと、イメージしやすいかなぁと思います。
 
ものづくりは、おとなしいイメージもあるかもしれません。
けれど、ものづくりは元気です。
 
ものづくりは、力強くもあるし。繊細でもあります。
 
真剣勝負でもあり。思わず笑ってしまうようなこともあります。 
 
アルフェテ工作室は、上手な絵の描き方を習う場所ではありません。
実験的なものづくりをする場所です。
 
アルフェテ工作室に来る理由は、いくつあっても嬉しいです。
 
絵や工作が好き。
同じようにものづくりをするなかまに出会いたい。
のんびりしたい。
画材のあそび方を見つけたい。
自由研究をなんとかしたい。
思いがけないものができる瞬間に立ち会いたい。
自分の表現を磨きたい。
魔女の見習いになりたい。
  
アルフェテ工作室では、工作の魔法であそびます。初めての方も大歓迎です。
 
もうすぐ夏休み。特別な体験をしてみませんか?
ワークショップの予定は、SNSでお知らせします。どうぞよろしくお願いします。 
 
 

表現は、難しいですか? 
表現は、難しいですか? 

表現の世界って言われるとなんだかよくわかないと言う方いらっしゃいますでしょうか?
私たちは、表現の世界=例える、ことだと思うんです。
それは、自分が見ているもう一つの世界を誰かに届けると言うことなのかもしれません。
誰かとわかり合うのは容易ではないから。
例えて見るのです。
自分なりに例えることが伝えることじゃないかな?と思います。
写真を撮るのも。
絵を描くのも。
音を奏でるのも。
そして、拗ねてしまうことだって。
どの表現も例えることから始まるように思います。
だから、誤解を恐れずに表現をしてみたらいいと思うんです。
伝わらなくても。あながた見ている世界は、きっと素晴らしいはずです。伝わっていないからといって、自分の世界を否定しなくてもいいと思うのです。
いつしか、相手にきっと届く例えが見つかると思います。
こどもたちと一緒に表現してみると。
例えることばかりです。
こどもたちも自分たちの見ている世界をそれぞれの方法で表現してくれます。
アルフェテ工作室では、上手につくるよりも。
何を感じたり、気になったり、好きになったりするか?を伸ばしてもらえたらと思っています。
ものづくりは、自分を知るのにとっても良いものです。
そして、表現は今まで目に見えなかったことを目に見えるようにすることができます。だから、誰かと一緒に分け合うことができます。
アルフェテ工作室であそぶ人も。案内する人も。
お互いに表現できる場所です。みんなで楽しいことを持ち寄る場所です。毎月、様々な場所でワークショップを開催してます。
伝えることは、きっと一つではないと思います。
アルフェテ工作室は、あそびながらひとつをふたつにする場所です。

なんとなく混ざるのが絵の具のいいところです。
なんとなく混ざるのが絵の具のいいところです。

色を混ぜながら、今まで見ていなかった生活の色を探したり。
好きな食べ物の色のことを考えたり。

白か黒の2つよりも。

自分が好きな色を見つける時間は、誰かと何かを分け合う時間です。

好き勝手にあそぶだけではなくて、いろいろなことを試して見ながら世界を捉えて見るのがアルフェテ工作室です。

けれど。何も難しく考える必要は、ありません。魔女の工作の魔法があれば、上手につくれなくっても大丈夫。

工作の案内人がものがたりのあそび方を教えますよ。

三角をはみ出した形
三角をはみ出した形

なんとなく三角。というのも愛らしいなぁと思います。

森に行ったとき。木が三角に見えることありませんか?

けれど。それは、はっきりとした三角ではなく。なんとなく三角。
その曖昧な形から降り注ぐ木漏れ日は気持ちがいいし。

風で揺らぐ三角は、どこか人のようにも見えて愛らしいです。

三角は、尖っているけれど。実は、優しいようにも思います。

表面的ではわからないことというのが多くありますよね。
丸く見えても、チクチクするものもあれば。
尖って見えていても、中は柔らかいものもあります。

お母さんたちは、こどもたちにモノの見方をどういうふうにお話ししていますでしょうか?

こどもたちに大切なことを伝えるときに、大人の方も今まで見ていなかったものを見ることできるなぁと思います。

ものづくりしながら、外側と内側。そしてその間を感じたり、考えたりしながら、たくさんの世界を捉える実験をアルフェテ工作室では行います。

こどもから、大人までものづくりの時間で楽しんでもらえたらと思っています。

ワークショップは、完成品をつくることに限らず、時間の中で生まれる経験にも価値があると思うんです。みなさんと一緒につくる時間は、愉快ですよ。みなさんのお越しをお待ちしています。