ものがたりのあそび方をつくる

     
 











朝早起きです。


朝早起きです。 | アルフェテ工作室と表現する人 | 

夜更かしより。早起き。イベントの当日も朝が早いことが多いです。
 
よく寝て。よくつくり。よく話そう。
  
ものづくりをするとき。朝日は、いつもよりものを美しく見せてくれます。ものづくりは、時間によっても表情を変えるのがオモシロイです。
 

 
こども扱いしない人


こども扱いしない人 | アルフェテ工作室と表現する人 | 

こどもらしいとか。こどもが好きそうとか。
こどもなんだからとか。
 
そう言う思い込みを捨てて、オトナと同じように接するように心がけています。
 
ただし、言葉は気遣いが必要です。年齢によって伝わる言葉というのがあります。
 
こどもたちは、見ることに長けています。
聞くこともまた長けています。
 
そんな言葉どこで知ったのだろう?なんて思うくらいよく色々な話を聞いています。
 
こどもたちは、なぜ。どうして?と私たちをよく見ています。
 
だから、こども扱いしていると。心を開いてはくれないものです。
 
私たちもこどもたちと同じように良く彼や彼女たちを見たいと思います。
 
お互いに歩み寄れば、楽しい時間。
 
こどもたちが3歳なら。
オトナもこどもたちと出会って3歳。
 
お母さんやお父さんのように私たちも経験を毎日積み重ねています。

 
ワークショップのメニューは、213種類です。


ワークショップのメニューは、213種類です。 | アルフェテ工作室と表現する人 | 

毎日。ワークショップのメニューを考えて実験しています。
 
これまでに213種類のメニューを考えました。これからも増えていくと思います。
 
私たちのワークショップには、一つ一つものがたりがあります。参加者のみなさんとその続きをつくってあそべるように、ものづくりを完成させることを目標にしていません。
 
ものづくりのものがたりを、写真、文章にして伝えるのも大切な仕事です。だから、スタッフは、みんな表現者だと思っています。
 
文章を書く人や。絵を書く人。写真を撮る人。デザインをする人。そういう人だけを表現者とは呼びません。
 
イベントをつくる人。参加者のみなさんとお話をする人も私たちのチームでは、みな表現者です。誰かに何かを届ける人を全て表現者と読んでいます。
 
自分たちの活動を本にまとめたりもします。映像にまとめたりもします。
 
企業さんやお店の方のワークショップのプログラムを提案することもあります。
 
私たちは、形を変えて表現するワークショップとものづくりのチームです。

 
上手につくれない人の方がいいかもしません。


上手につくれない人の方がいいかもしません。 | アルフェテ工作室と表現する人 | 

ワークショップに参加してくださるみなさんには、色々な方がいます。

ものづくりが得意な3歳もいれば。

とっても恥ずかしがり屋な人。

不器用だけどのんびりつくるのが好きな人。

価値観も性格も違う人同士が食卓のように机を囲んでものづくりをします。

だから、得意な人にはもっと楽しんでもらえたら嬉しいし。

器用でない人には、上手くできないときの気持ちを少しでも分かち合えたらと思うんです。

だから、ものづくりの素人の人でもアルフェテ工作室では活動ができます。

私たちが見るのは、モノではなくてものづくりをする人たちです。

 
世界を捉えるあそび


世界を捉えるあそび | アルフェテ工作室と表現する人 | 

 
匂いを嗅ぐとか。
目で見るとか。
味わう。
耳をすます。
触ること。
 
全てが研ぎ澄まされるといいのだけど。
個人差があります。
その個人差をみんな一律にとはいかないです。
 
 
アルフェテ工作室のものづくりは、感覚をバラバラにつかうよりも。
 
重ねたり。混ぜたりしながら。
それぞれの感覚が手を結ぶようにできないかなぁと考えています。
 
自然界にあるものは、複雑にこの感覚のバランスを経験できると思うんです。あまりに複雑で気づかないくらい当たり前。
 
人間は、この自然を何かに映したりします。
テクノロジーが進んだモニターから感じられるものは、情報量の増えた自然の姿です。
 
もしかしたら。このテクノロジーが全ての感覚を刺激することができる時代もぐんぐんと近づいているのでは?とも思います。
 
ところで、赤ちゃんのときから、モニターを見ているこどもたちも少なくないのでは?と思います。この違和感を感じることができる方は、いらっしゃいますでしょうか?
 
けれど。お母さんたちもいつもこどもたちといっしょ。私たちにはわからない苦労もあると思います。 
 
こどもたちは、世界を捉えるのが仕事です。
現実の世界であろうが、スマートフォンであれば動くものに目を奪われます。
  
幼いこどもたちと時間を多く過ごしていて思うのは、
5歳くらいまでは、特に世界の境目を識別しづらいことです。
 
テレビで見る庭も。
現実世界の庭も。
 
区別しづらいものな気がしています。
 
だから、同じでないものを現実の世界と同じように捉えてしまう時があります。
 
モニターからものを見る経験が多い場合。
例えば、視覚だけが発達してしまうとどうなるのでしょうか?
 
そんな風に他の感覚を置き去りにしてしまうと。辻褄が合わなくなってきてしまうことがあるかもしれません。
 
豊かになった世の中でサバイバルな感覚を忘れそうになるけれど、私たちは今も、楽園に生きているわけではなくて。
 
きれいなものやうつくしいものと同じくらい。
狂気的なものや汚いものがある世界にいます。
 
それを見ないようにすることは、難しくて。
もし、出会った時に困らないようにどう受け取るのか?練習が必要にも思います。これは、わざわざ危ないものを見るという意味ではなくて。
物事を捉える経験を積みたいと思っています。
 
だから、世界を捉える練習をやってみたいと思っています。
モニターから感じる自然が一概に悪いとは思いません。こうして、今もこの文章をみなさんに発信できるのもテクノロジーのおかげです。
 
ちいさなこどもたちにモニターを与えられるのも。完全には否定もできないと思います。
 
どちらかというと。○○が悪いということよりも。一つで補えないことを2つや3つで工夫できないかなぁというのが私たちの考えです。
 
一度にできなくても。次には、前より良くする工夫ができれば。それくらいの力加減なら良くしていけるのでは?と思います。
 
モニターで見る庭も、現実の庭もどちらも体験する時間があるだけで、それぞれの世界を受け止めることができるんではないかな?と思います。
 
例えば、ものづくりは、たくさんの感覚をつかって取り組むことができます。
  
表現が上手くなることから自由になって、一つ一つの経験が、こどもたちが生活していく手助けに一つでもなればと思っていつもワークショップをつくっています。
 

 
つかう画材は、無数です。


つかう画材は、無数です。 | アルフェテ工作室と表現する人 | 

木、紙、金属、コンクリート、ガラスなど。素材にふれることから始めます。
 
私たちのとっては、空気すら画材なのです。色々な方向から見たり感じたりして、そこから見えてくるものがたりを見つける実験を繰り返します。
 
時には、作家さんや生産者の方に相談に伺ったりすることもあります。
 
色々なモノの声を聞くのも私たちの活動です。
 

 
アルフェテ工作室のものづくり


アルフェテ工作室のものづくり | アルフェテ工作室と表現する人 | 

コンクリートでブローチをつくったり。
屋台の什器をつくったり。
パッケージをデザインしたり。
 
さまざまなものづくりを行います。
アルフェテ画材店では、そんなものづくりの商品も販売しています。

 



 
アルフェテ工作室のスタッフに応募する
※最後までしっかりと確認をしてご応募ください。  



【応募の流れ】
必要項目を明記の上お申込メールを送信

要項を選考させて頂きます。
※面接をお願いしたい方のみ一週間以内に返信をさせて頂きます。
※遠方の方は、スカイプなど対応します。

面接・面談

活動※募集要項を必ず最後まで確認の上お申し込み下さい。



【募集地域】
京都・大阪・埼玉・東京・福岡・愛知



【応募必要項目&応募先】
1. お名前・職業
2. 年齢
3. 電話番号
4. PCメールアドレス
5. お住まいの地域
6. 活動希望エリア
7. 活動頻度(どれくらい関われるか?)
8. 活動内容の希望(募集内容より選択ください)
9. アルフェテ工作室で活動したい理由
10. チームに加わったら何をしてくれますか?
11. 自分が本当に苦手なこと
12. アルフェテ工作室の動画のベスト3は?
13. アルフェテ工作室で新しく実現したいこと

アルフェテ工作室のYouTube

※すべて必須です。記入漏れがある場合は、受付出来ませんのでご注意下さい。
※活動内容などは、相談の上決めていきます。希望をお約束することはできませんのでご了承ください。


◎応募先
a@arfete.com















【活動内容】
◎ワークショップ・イベントの企画、運営
◎ワークショップ・イベントの搬入・搬出
◎ワークショップのメニュー開発
◎アルフェテ工作室OSAKA店の運営
◎広報活動
◎画材の準備・整理
◎デザイン・撮影・編集他幅広い制作
◎その他アルフェテ工作室の活動すべてに関わるもの


【募集内容】
◎運営スタッフ
アルフェテ工作室に関わる企画から運営まですべてに関わる活動を行います。
※活動頻度が多いものになります。

◎イベント企画・運営スタッフ
アルフェテ工作室が、主催、共催するイベントの制作・運営まで行います。
※活動頻度が多いものになります。

◎編集部スタッフ(関西)
広報活動・デザイン制作など。ものづくりチームです。
※活動頻度が多いものになります。

◎魔女のシルクスクリーンのお店
シルクスクリーンのワークショップの運営、開発など


◎工作応援隊(関西)
画材準備や、イベントの搬入・搬出など。準備の運営を行います。

◎イベント搬入・搬出スタッフ
ディスプレイや、出店用の什器の組み立て、ワークショップの準備など行います。

◎外部ブレーン・作家
ワークショプやイベントを共催して下さる方を募集します。
※応募多数の場合選考させて頂く場合があります。



【こんな人を求めています】
◎アルフェテ工作室の思考に共感してくれる方
◎体力に自信がある方(35歳以下)
◎考えたことを実現する力のある方
◎得意分野を活かしたい方
◎ワークショップを広めたいと思う方
◎教育ではなく、娯楽をつくりたい方
◎イベントをつくりたい方
◎何かを学びたいと言うより、生み出したい方
◎情報発信や広報にチャレンジしたい方
◎文章を書きたい方
◎表現を志したい方


【注意事項】
※SNS、メールでの質問は受け付けませんのでご了承下さい。
※申し込みのお返事は、メールの返信を持って返答とさせて頂きます。ご了承下さい。申し込みメールを送信後、面接をお願いしたい方のみ一週間程度で連絡させて頂きます。 


アルフェテ工作室の本をつくりました。