表現は、難しいですか? 


表現の世界って言われるとなんだかよくわかないと言う方いらっしゃいますでしょうか?
私たちは、表現の世界=例える、ことだと思うんです。
それは、自分が見ているもう一つの世界を誰かに届けると言うことなのかもしれません。
誰かとわかり合うのは容易ではないから。
例えて見るのです。
自分なりに例えることが伝えることじゃないかな?と思います。
写真を撮るのも。
絵を描くのも。
音を奏でるのも。
そして、拗ねてしまうことだって。
どの表現も例えることから始まるように思います。
だから、誤解を恐れずに表現をしてみたらいいと思うんです。
伝わらなくても。あながた見ている世界は、きっと素晴らしいはずです。伝わっていないからといって、自分の世界を否定しなくてもいいと思うのです。
いつしか、相手にきっと届く例えが見つかると思います。
こどもたちと一緒に表現してみると。
例えることばかりです。
こどもたちも自分たちの見ている世界をそれぞれの方法で表現してくれます。
アルフェテ工作室では、上手につくるよりも。
何を感じたり、気になったり、好きになったりするか?を伸ばしてもらえたらと思っています。
ものづくりは、自分を知るのにとっても良いものです。
そして、表現は今まで目に見えなかったことを目に見えるようにすることができます。だから、誰かと一緒に分け合うことができます。
アルフェテ工作室であそぶ人も。案内する人も。
お互いに表現できる場所です。みんなで楽しいことを持ち寄る場所です。毎月、様々な場所でワークショップを開催してます。
伝えることは、きっと一つではないと思います。
アルフェテ工作室は、あそびながらひとつをふたつにする場所です。

アルフェテ工作室の本をつくりました。