カッターの歯の収納
道具の手帳02


カッターの歯の収納

道具の手帳02


みなさん。カッターってどんな種類を使ったことありますか?
アルフェテ工作室にも色々な種類のカッターを使います。
力自慢のもの。
細かいところまで手が届く。
軽やかにカーブを描く。
その他にもとても個性豊かな道具たちです。
最近では、紙一枚だけを切ることができるものもあるそう。
さて、そんな中でも。一番の相棒にしているのが。
このカッター。見ただけでわかるあなたはさすがです。
今日は、このカッターの歯に注目してみたいのです。
カッターの刃は、実は使いながら折っていく方がオススメです。
歯を折るだけで切れ味が保てます。
切れ味がいいと、切る力も少なくてすみます。

数を切るときは、本当に助かります。
このスカーレットの入れ物は、新しい歯のストックが入っています。
さらに、その隣には折れた歯を収納しておける入れ物になっています。
このちょっとした気づかいが歯を折ることを躊躇せずにすみます。
カッターの刃は、折った後捨てるのがとても危険です。
その点。この入れ物があると安全に保管できるんです。
道具って一手間開けるだけでより力を発揮できるようになります。
こういう商品を作るメーカーさんの想いっていいなぁと思います。
ところで、このカッターは、普通のカッターとどう違うの?
この続きは、また。

 

https://www.instagram.com/p/BPWwxHIg1Sb/?taken-by=arfete

 

アルフェテ工作室の本をつくりました。