絵の具の水入れ
道具の手帳03


はじめての絵の具のススメ

『見立てる楽しさ 水入れ』

アルフェテ工作室は、絵の具に負けないくらい。ペンキを使います。

それは、つくるものの範囲が広いこともあるけれど。ペンキの缶が好きだからです。

アルフェテ工作室には、見立てが得意としているなかまが多いです。

ペンキ缶は、水入れにもなるし。筆入れにもなります。

その仕様はとても良くできていて。ペンキが切れるように。外に垂れないように。溝が付いているのでこれが結構便利です。(あくまで再利用なのでものによっては、水が漏れます。実験が必要です。)

こどもたちと使うときも安定感があって倒す心配もあまりありません。

僕たちは、大きな水入れと小さな水入れをいくつか用意するようにしています。

大きな水入れでは、しっかりと洗う用です。小さな水入れだけだとすぐ水が濁ってしまって発色のいい色を使うのが難しくなります。

細長い缶のときは、花瓶にしてみたり。

蝋燭に火をつけて消した後。ただ置いておくのが不安なとき。缶の中に少し水を入れてその中に保存したり。

缶の蓋をパレットや、ボンドのお皿にしたり。

もちろん。それに適した商品も世の中にあるのだけど。あるものを生かすのが結構好きです。

風景が、どこか工房やアトリエの感じになるから。

タフな道具は、とっても頼りになります。ペンキ缶を余ったペンキで塗るとまた特別な風合いになります。キャンバスにも見えて楽しいです。

アルフェテ工作室の活動は、こんなアイディアを出して楽しむことでもあります。

生活は、工夫を重ねていけばもっと楽しくなる。

みなさんが当たり前に使っている道具はどんなものでしょうか?自分にあったものを見つけてみませんか?

アルフェテ工作室の本をつくりました。