◎5月26、27日に東京蚤の市に出店します。


 

 第13回東京蚤の市
2018年5月26日(土)、27日(日)東京オーヴァル京王閣 東京都調布市多摩川4-31-1(京王線「京王多摩川駅」臨時改札口目の前)
主催:手紙社 後援:調布市

【当日受付ワークショップ】

 A「魔女の絨毯ブローチ」

布や糸をほどいたり、重ねたりしながら、魔女のちいさな絨毯のブローチをつくりましょう。今回は、古布や新素材など。経年変化の異なる素材を組みわせてつくります。魔女の絨毯は、お洋服の上で舞います。魔法のような組み合わせであなたの色を重ねてください。


B「コンクリート×アイアンブローチづくり」
魔女の不思議なコンクリートのブローチは、すべて一点ものの特別なブローチです。特別な加工法でつくるのは、古道具のように味わい深い鳥の図案たち。今回は、金属テイストの塗装も用意します。素材感を活かしたブローチづくりを体験しませんか?


C「絵の具BAR」
魔女のシロップをつかって、不思議なボタニカルの図案を描きましょう。絵の具BARは、絵が得意でなくても大丈夫。上手く描くことから自由になって、色のフルコースを楽しむ場所です。最後は、色の魔法で鞄や布ものを染めて行きましょう。新作の図案と新プログラムもご用意する予定です。

参加費:1,000円〜3,500円(税込)
※内容により異なります。
※画材がなくなり次第終了となります。
※汚れてもいい格好、作品を持ち帰る袋など
※汚れてもいい格好をオススメします。
※ワークショップの時間は、混雑状況により前後することがあります。あらかじめご了承ください。


【予約制ワークショップ】

 

 

◎やさしい塗り絵×コンクリートブローチ
『魔女の鳥のブローチをつくろう』
コンクリート素材でできた魔女の鳥のブローチをつくりませんか?ついにコンクリートのブローチがカラフルに色づきます。今回は、アクリル絵具をつかって、ちょっと不思議で愛らしい鳥に色つけしていきます。人気シリーズになりました。やさしい塗り絵のワークショップです。初心者のみなさんと、絵を好きになる絵具や筆の使い方をお教えします。図案もすべて一点モノになります。特別なブローチをお土産にもって帰りませんか?
【予約優先】
26日16:00 各6名
26日17:00 各6名
50分程度
参加費 2,400円、2,600円(選ぶ鳥の図案に異なります。当日お選びください)
対象:小学生高学年〜大人
持ち物:汚れてもいい格好
参加方法:事前予約制
お申し込みはa[at]arfete.com([]内を@に置き換えてお送りください)宛に
参加日時・ワークショップ名・氏名、電話番号、年齢、人数を明記の上メールをお送りください(申し込み完了メールを返信します。)
※先着順になります。

アルフェテ工作室の本をつくりました。