●▲
#ものづくりの道具の話
◎こどもたちのためのスケッチブックの選び方 初心者編


スケッチブックってどう選んでる?


ワークショップに参加されるとき。道具のことって気になりますよね?お母さんたちに質問を頂くこともあるんです。

そこで、絵を描くことがもっと楽しくなる道具のお話もお届けしていこうと思います。

まずは、スケッチブックのお話から。

 


○ 実は豊富。スケッチブックのサイズの種類
スケッチブック。
イメージはつくけれど
実際に文具店で見てみると
そのサイズの種類の豊富さに
驚いてしまいます。

大きい方がのびのび描けるかなとか。
小さい方が持ち運びには便利だな、とか。

スケッチブックは
使うシーンも様々だから
どんなサイズを選んでも
困ることは少ないかもしれません。

とは言っても。
はじめて子ども用に
スケッチブックを
揃えるとき。

どのサイズが良いのだろう?と
悩んでしまうお父さん、お母さんも
少なくなさそうです。

そこで
アルフェテ工作室流
「もうひとつのスケッチブックの選び方」を
ご紹介します。


 

○「大きいサイズ」ほど、良い
アルフェテ工作室では
大きいサイズのスケッチブックを
おすすめしています。

大きいサイズにすることで
・小さいサイズにもできることは、大きいサイズ
を分ければできます
・手先に限らず腕やカラダ全部をつかって線を描けます。
・世界に端っこは無いのです。
(※まだまだたくさんあるんです。)

例えば、スケッチブックは、食卓のお皿に近いと思います。

小さな器も可愛いけれど。
例えば、白いご飯をよそるとき。めいいっぱい入れるのもいいけれど。ほんの少し余白がある方が、美味しそうではありませんか?

盛り付けるものによってサイズを変えることがいいかもしれません。

元々の日本家屋のように、仕切りが少ないものは、いろいろな使い方ができます。

外側と内側が曖昧な場所には、余裕が生まれるからです。

もし、小さいサイズの絵を描きたいとしても、大きいサイズに描いて後で切りとればいいと思います。

それは、まるで映画のワンシーンのような豪快さと繊細さを持ち合わせた絵になるはずです。

こどもたちには、健康的なものづくりをオススメしたいのでのびのびと描ける大きなスケッチブックをオススメします。

 


○「スケッチブックは2冊揃える」がおすすめ
アルフェテ工作室が
スケッチブックの選び方に加えて
おすすめするのが
「2冊揃える」というところです。

ところで
絵の具を使って絵を描くとき
こんなことはありませんでしたか?

絵の具が乾くまで次のページへ
移れない。

慌ててめくってしまい
前のページに色が写ってしまったり
絵が張り付いてしまうとか。

その他には、塗ってみたけれどあんまり気に入らなかったというような。少しもやっとするようなことありませんか?

 

このときに2冊スケッチブックがあると心強いです。

例えば、絵の具が乾くまでの時間は、もう一冊のスケッチブックを使って絵を描くのもいいかもしれません。(※2枚ともしっかり描く必要はありません。ひとつは、あそびでいいのです。)

試しに塗ってみたり、描いてみたり。
そういう場所があると余裕ができます。

絵を描くとき、決して一発勝負ではないと言うことを知って頂けたらと思っています。

それは、まるでお庭を持つみたいに、ひとつの場所から繋げていく場所を持つことです。するともっとものづくりはたのしくなります。

そして、試し描きをしたスケッチブックを見返してみるとそれが色の図鑑になったり、絵を描く別のヒントになることもあります。

意図しないものもまた愉しいですよ。

スケッチブックは、あなたがつくる絵本です。

もうひとつの絵の居場所をつくってみましょう。

 

文:田中


アルフェテ工作室では、使ってみたからわかったことや、新しい使い方などいつも探しています。

ぜひみなさんの
「スケッチブックの選び方」も
教えてくださいね。

 

みんなで持ちよって、もっとたのしいものづくりの楽しみ方を広げていけたらと思っています。


【8月ワークショップの予定】

4,5日 tanabike図工室(埼玉)
18日 アルフェテ工作室OSAKA店
19日 恵文社一乗寺店(京都)
25、26日  無印良品 岡山
30日 アルフェテ工作室OSAKA店

詳しくは
→ arfete.com/?cat=26

 

WORKSHOP
【参加者募集中】

http://arfete.com/?cat=26
アルフェテ工作室
京都、大阪、埼玉、岡山にてワークショップを開催。夏休みの宿題が終わってしまうものもありますよ。

 

 

 

 





→ 参加者募集中のワークショップをもっと見る


→ instagramで最新の情報を見る






アルフェテ工作室の本をつくりました。

 





TOP