ワークショップに参加する
top NEWS about letter
   
  アルフェテ工作室の公式サイト
   

アルフェテ工作室で活動しませんか?
   

| instagramFacebookTwitter|
 

NEW


arfete.comをリニューアルします。
◎新しいメディアをつくりませんか?

こどもとあそびたい人のための新しいメディアを2019年に立ち上げたいと思っています。
つきましては、プロジェクトに関わってみたいという幅広い方を募集します。
考えていることは、例えば5つです。
  

メディアで考えていること


◎新しいワークショップの仕事をつくる
◎こどもと大人の多様性のある声を集める
◎あそびをつくる
◎表現の実験の記録を蓄積する
◎ワークショップをつくる人と参加する人、開催する場所を引き合わせる

 

【募集したい役割】

◎記事をつくりたい。文章を書きたい
◎写真を撮りたい。
◎企画を考えたい
◎コンテンツを連載したい
◎本気でワークショップを開催したいと思っている方
◎ネットワークづくりがしたい
◎プログラムを書きたい
◎本をつくりたい
◎京都を舞台にしたコンテンツ&ワークショップの企画運営など
とはいえ。メディアに対して素人な私たち。継続的に情報を配信し続けることや、収益の上げ方までゼロからつくります。
先ほども書いた通り。ゼロから始めます。つまりは、単に報酬や仕事を求めて参加する方は、難しいかと思います。自分で仕事をつくることに挑戦したい人。もしくは、別のモチベーションを自ら探せる方に限定してお願いしたいと思っています。
アルフェテ工作室が提供できるのは、ワークショップのノウハウと実験の蓄積。そして、このメディアを通して生まれるマッチングです。
例えば、複業も構いません。(ご自身で責任を取れる方にお願いします。)多様な人が関わってみんなでつくるメディアを目指せたらと思っています。
例えば、『新しいワークショップの仕事をつくる』というのは、講師依頼を増やすことに限らず。
今は、導入されていない場所や機会でワークショップによって効果をもたらす仕事をつくるということです。
参加したい方は、学生さんでも構いません。フリーランスでも。お母さんでも構いません。特に何かのジャンルの人に声をかけようとは、思っていないんです。
まだ自信がないけれど。自分で学びながら取り組みたい方も歓迎します。ただし、なんでもやります教えてくださいというような相手任せの方は、ご遠慮頂きたいです。おそらく活動のモチベーションを維持するのが難しいかと思います。
具体的なノウハウにこだわわる必要はないと思っています。自分は何もできなくても。ともだちがたくさんいるとか。誰かを紹介することができるという方もぜひ参加してもらえればと思っています。
まずは、お話をしましょう。ご応募お待ちしています。

【参加を希望する方】
1_名前
2_年齢、職業
3_活動できる地域
4_参加したい理由
5_arfete.comでやってみたいこと
6_どれくらい関われるか?
7_よく見るWEBページ、アプリ、コンテンツとその理由

※すべて必須です。記入漏れがある場合は、受付出来ませんのでご注意下さい。
※活動内容などは、相談の上決めていきます。希望をお約束することはできませんのでご了承ください。

◎応募先
a@arfete.com



→ 参加者募集中のワークショップをもっと見る